プロフ
闇を暴く もっと光を: 2009年01月13日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レコ大委員長「怪文書誰が出したか知っている」
失踪数日前語る

阿子島たけしさん
 審査委員長を務める大みそかの「第47回輝く!日本レコード大賞」を2週間後に控え、突然姿を消した音楽評論家の阿子島たけしさん(65)=横浜市戸塚区、顔写真=が自身を非難する「怪文書」について、「誰が出したのかは分かっている」と、失踪(しっそう)前に周囲に話していたことが16日分かった。怪文書の真偽や、失踪との関係が問題になるなか、知人らは阿子島さんの安否に不安を募らせている。

 阿子島さんは行方不明となった12日、午後9時半すぎまで、東京・新宿のホテルで行われていた演歌歌手の泉ちどりさんのディナーショーに出席。泉さんに誘われて壇上に上がり、あいさつもしていた。

阿子島さんの失踪直後、全焼した自宅=横浜市戸塚区
阿子島さんの失踪直後、全焼した自宅=横浜市戸塚区
 戸塚署の調べによると、その後、阿子島さんによく似た男性が午後11時ごろ、最寄り駅のJR戸塚駅(横浜市戸塚区)の改札を出るのを駅構内の防犯カメラが撮影していた。神奈川県警は阿子島さんが自宅に帰った可能性もあるとみて、足取りを調べている。

 ディナーショーで同席した関係者によると、この日、阿子島さんは酒に酔ったり、元気がなかったりするなど変わった様子はなく、怪文書を話題にすることもなかったという。だが、阿子島さんはそれ以前に、文書について気になる発言をしていた。

 失踪の数日前、阿子島さんは都内での業界関係者との会合に出席。その席上、問題の怪文書について、「出した人間は分かっている。詳しいことは後日話す」と語っていたという。

 文書の出所をめぐって、業界では、同業者などの関与がうわさされているが、真相は不明だ。「音楽業界有志一同」という差出人や内容もうさん臭さが付きまとうが、阿子島さんの知人のひとりは「まったくのでたらめというわけでもない」と指摘する。

12日深夜、阿子島さんとみられる男性を捉えていたJR戸塚駅の防犯ビデオ
12日深夜、阿子島さんとみられる男性を捉えていたJR戸塚駅の防犯ビデオ
 この知人は、夕刊フジの取材で怪文書の内容を初めて知ったというが、怪文書内で「自分の親の死去にあたり、評論家やレコード会社の社員に対し、香典を要求し、さらに振り込み先まで指定した」という個所について、「このエピソードは、阿子島さん本人がよく話していた」と明かす。

 さらに、「阿子島さんは、社交辞令で『今度ゴルフでもやりましょう』といわれたとき、相手の意向もくみ取らずに、手帳を取り出して『いつにする?』と強引に話を進めようとするような行動をとることもあった」とも話す。

 「でも、『ガハハ』と豪快に笑う明るい性格で人気があったのも事実。とにかく無事であってほしい」。知人は心境をこう口にしている。 

ZAKZAK 2005/12/16
スポンサーサイト

神戸連続児童殺傷事件

神戸少年殺人 
 少年A 東真一郎(あずま しんいちろう)
1982年7月7日午前6時15分生まれ は本当に犯人なのか?

■事件
1997年(平成9年)5月24日午後1時半ころ、神戸市須磨区友が丘の加古川市立病院医師の土師(はせ)守(当時41歳)の次男で、神戸市立多井畑(たいのはた)小学校6年の淳(じゅん)君(11歳)は、母親に近くに住む祖父の家に行くと言って徒歩で出かけたまま行方不明になった。懸命の捜索を続けていたが見つからなかった。

5月26日、須磨署が淳君の公開捜査を開始。

5月27日午前6時40分、市立友が丘中学校正門前に、淳君の頭部がむき出しの状態で置かれていた。門を開けようとした管理人が発見した。首のほぼ中央部分で切断された頭部は発見されたとき、登校してくる子どもらを迎えるような格好で校舎とは反対に向けてまっすぐに立てられていたという。口には紙片(第1の犯行声明文)が差し込まれていたが、<鬼><薔薇>の2つの文字が判読できる。さらに、正門の塀の上に血痕が付着していたことから、一旦、頭部をその塀の上に置いた可能性があった。

市立友が丘中学校では連絡網を通して730人の全校生徒を自宅に待機させた。事件を知らずに登校してきた生徒を自宅に帰るように指導した。

女児2人が殺傷され、未解決になっていた「連続通り魔事件」(3月16日)の現場からわずか500メートルであった。この通り魔事件以来、現場周辺の小学校では集団登校を続けていた。

同日午後3時、同校から西南約500メートル離れたところにある竜の山、通称タンク山の神戸市開発管理事業団ケーブルテレビアンテナ基地局舎内北側で、淳君の遺体が発見された。このとき、フェンス扉の南京錠がすり替えられていた。

同日、兵庫県警が須磨署に淳君殺害事件の捜査本部を設置。



淳君殺害事件の経過(神戸新聞より)

<5月>

24日午後 1・30 淳君が「祖父宅へ出掛ける」と自宅を出る

    同 2・25 祖父宅に近いスーパー前で主婦が淳君を目撃

    同 8・50 家族が須磨署に捜索願

25日午前10・00 警察、保護者らが本格的な捜索を開始

26日午前10・00 須磨署が公開捜査に乗り出す

27日午前 6・40 友が丘中学校正門前で、淳君の遺体頭部を発見。「愚鈍な警察諸君、私を止めてみたまえ」「学校殺死の酒鬼薔薇」といった内容が書かれた紙片が添えられていた

    同 8・00 兵庫県警が須磨署内に捜査本部設置

    同10・45 神戸市教委が、市内332校園に登下校指導の徹底を緊急通達

   午後 3・00 多井畑小近くの通称タンク山のケーブルテレビのアンテナ基地で、淳君の遺体の胴体部発見

    同 7・00 捜査本部は解剖結果を発表。死因は絞殺による窒息死、殺害後に遺体が切断されたと判明。死後2日以上経過していた

6月27日 午後7時 任意同行 逮捕




■事件の疑問点

①付近で不審な体の大きな男の目撃情報が多々あったのに、
 逮捕された少年Aは体の細い人物であった。
②自白のみで、全く物的証拠がない。
③犯行声明文の筆跡が異なる。
④遺体に抵抗の跡が無い。
⑤少年の供述と異なる点が多い。
⑥頭部切断の道具が供述の金のこでは不可能。
⑦高度な計画性は少年には不可能。
⑧凶器に血液反応が無い。
⑨少年の文章力を超える犯行声明文。

神戸連続児童殺傷事件の謎 (2ちゃん)

463 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/01/02(金) 22:11:45 ID:PfavOF4n0

今から10年くらい前の話になります。私は毎朝愛犬を散歩する事が日課で、
いつものようにいつもの道を散歩していました。
私の散歩コースは学校の正門を通過します。
いつものようにその道にさしかかると、不思議な光景を目にしました。

文章力が無いので何と説明したらいいのか分かりませんが、
黒い車が学校の正門を正面に、乗り上げるように停車しているのです。
(丁度学校の正門と車が向かい合うような形で停車。)
私は「???」と思いながらも、車を通過しました。
時間にしておそらく6時15分~30の間だと思います。
犬を飼ってる人なら分かると思いますが、犬の散歩の時間は大体安定しているので、
その時間に間違いはありません。

そしてその道を通過し、いつもの散歩コースを歩いたあと、また先ほどの道を通り、
家に帰るのですが、その時に正門前に「人間の首」が置かれていました。
正直な話、本物だとは思いませんでした。おそらくこのレスを読んでいる人は「異常な臭いで分かるはずだろww」と思うかもしれませんが、全く異臭はしませんでした。

最もそれが本物だったと知ったのはその後、警察が情報収集?(専門用語わかりません。)しに来た時でした。
ただしその時の警察の話があまりにもおかしいのです。

続く



465 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/01/02(金) 22:22:46 ID:PfavOF4n0
>>463の続き

警察は確かに言いました。「正門の柱の上に置いてあった首」間違いなくそう言いました。
事件が事件だけに、TVにも散々取り上げられましたが、TV放送でもそう報道されていました。
しかし私が見た時は間違いなく「正門の前」(すなわち道の上もちろん学校の敷地内ではある)である事に間違いはありません。もちろん私はその事を警察に告げました。

例えばそれが、私だけが見た現象ならば私の「幻覚」にすぎないかもしれません。
しかしどうやら幻覚ではないようです。
なぜなら早朝あの通りをジョギングしている近所のおじさんも正門前に置かれている事を目撃していたからです。しかしこのおじさんと、私の意見は少しずれています。

おじさんは「首が正門の方を向いていた。(つまり道に背を向けていた)」と言います。
何度も確認したから間違いないそうです。おじさんも「本物の首」とは思わなかったらしいです。時間帯は5時10分だったらしいです。
学校の時計でいつもここを通る時時間を確認するらしく間違いは無いと言います。

しかし私が見た時は、間違いなく正門に背を向けていた。(道を正面から見ていた状態)だったのです。だからこそ「タチの悪い悪戯だな。」と思えた訳です。

続く


469 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/01/02(金) 22:30:41 ID:PfavOF4n0
>>465の続き(464は別人です!!間違えないで!!)

犯人が見つかるまで、地元でも(おそらく日本中で)犯人探しに近い情報のやりとり
が行われました。その結果、私が見た黒い車を「トラックの運転手も目撃」している事が
分かりました。問題なのはその時間です。私が黒い車が正門に乗り上げるように停車しているのを目撃したのは6時15分~30分の間と言いましたが、彼は4時50分頃目撃したそうです。

それだけではありません。この黒い車は新聞を見てしりましたが、散歩中のお婆さんなどにも同様に正門前で停車している所を目撃されています。時間帯はまちまちのようです。
更に新聞や、近所の人の話によれば、どうやら犯人は「学校近くに潜み、何度が首の位置を変えていたらしい」ようです。TVでも似たような報道を確かにしていました。


470 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/01/02(金) 22:37:47 ID:PfavOF4n0
私はそこまで丹念に見たわけでは無いので気づきませんでしたが、少ないものの、
血痕があったらしく、それも「首を移動していた事」を売らずけているそうです。
一部ではこんな報道もありました。「正門の柱の上に置くのはかなり背が高くなくては
不可能で・・・・仮に台等を用いたとしてもかなりの大男が犯人だと思われる。」

地元ではこの「黒い車」の男の話で持ちきりでした。私地震目撃した訳ではありませんが、
この「黒い車」と同様と思われる車は被害者J君が行方不明になる当日も公園前(J君が行方不明
になったと思われる公園の前)に駐車されていた事が確認されていたようです。

おそらくこの時点では日本中が「黒い車」の男に注目していたと思います。

続く


482 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/01/02(金) 23:03:35 ID:PfavOF4n0
>>470の続き

いざ犯人が捕まってみれば中学生ではありませんか!!あの時の「????」と
いう気持ちは今も忘れないほど衝撃的でした。地元では「警察本当かよ!?」的な
話題で持ち切りでした。私達地元住民が「????」と思うのは何も「黒い車」だけでは
無いんです。

J君が行方不明になった後、警察が公開捜査に踏み切りました。この時、地元住民も協力を
しています。相当な人員だったと思います。周囲を見渡せば警察だらけです。警察が視界に入らない
事などありませんでした。私達地元住人がまず一番に探したのは「タンク山」です。
あのあたりで人間を隠せそうな所と言ったらタンク山くらいしか無いはずです。
だれもがこのタンク山を見て周りました。

公開捜査では誰もタンク山で遺体の「胴体部分」があった事など目撃できませんでした。
ちなみに警察は警察犬を導入して探していました。公開捜査を止めた翌日にその「タンク山」で胴体が目撃されたのです。
確か私が見た新聞ではこんな見出しだったと思います。「遺体の服を着せかえる??」

そうです。この前夜は雨が降っていました。新聞によれば衣服に乱れが無い事、
土が付着していない事、濡れていない事から、「別の場所で殺害し、公開捜査が終わった翌日に胴体をタンク山に捨てた。」と警察は考えているようだ。
みたいな事が書かれていました。

しかしいざ犯人が捕まってみれば、「タンク山で殺害し、タンク山で首を切断、その後タンク山アンテナ基地内に胴体部分を移した。」ようです。

続く

486 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/01/02(金) 23:16:14 ID:PfavOF4n0
>>482の続き

タンク山アンテナ基地内と言うと、文字だけみれば発見にくく見えるかもしれませんが、金網張りに
なっているだけです。外からみてすぐに分かるんです。
タンク山は歩道のような物があって、そこを辿るだけで、「アンテナ基地を正面から捉える視点になるんです。」したがってそこに本当に遺体があったなら地元住人が見逃すはずがありません。ましてや警察犬がみのがすでしょうか?

おそらくググれば分かると思いますが、この時新聞ではこうも書かれていました。
「用意周到な犯人が珍しく焦りを見せていた。靴の片方が脱げ落ちており、片足がアンテナ基地内からはみ出していた。」

この状態で死体を見つけられない事なんてありえるのでしょうか?
さらにこれもググってもらえれば分かると思いますが、少年AがJ君の首を切断した日は「日曜日、しかも公開捜査中の真昼間」です。
このタンク山は散歩コースに使っている人も多いです。そこでどうやって首の切断に成功したというのか・・・・・・。

少年Aが真犯人だとして、首の切断、移動はうまくやってのけたとして、胴体部分をどうやって誰にも
みつからずに移動したのでしょうか?胴体が公開捜査で見つからなかった事からも、後からそこに置いたのはほとんど明らかです。

私はこの事件が一番怖いです。日本警察の怖さを知りました。
ちなみにこの事件を担当した兵庫県警は「グリコ森永事件」と、もうひとつ過去にあった大事件を、解決できていません。
その後にまた大事件が起こってしまっただけに・・・・・・・・・・・・・。




冤罪の可能性を検証するサイトへのリンク

酒鬼薔薇聖斗は少年Aではない…と思う。
神戸事件のページ
「神戸事件の疑惑」後藤昌次郎(弁護士)
ヒロさんの日記 (「酒鬼薔薇」事件の真相 )



■関連書籍
「少年A」この子を生んで……―父と母悔恨の手記 (文春文庫)「少年A」この子を生んで……―父と母悔恨の手記 (文春文庫)
(2001/07)
「少年A」の父母

商品詳細を見る
神戸酒鬼薔薇事件にこだわる理由―「A少年」は犯人か神戸酒鬼薔薇事件にこだわる理由―「A少年」は犯人か
(2005/02)
後藤 昌次郎

商品詳細を見る
少年A 矯正2500日全記録 (文春文庫)少年A 矯正2500日全記録 (文春文庫)
(2006/04)
草薙 厚子

商品詳細を見る



 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。