プロフ
闇を暴く もっと光を: 麻生太郎
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>麻生太郎

麻生太郎

麻生太郎




麻生太郎と北朝鮮セメント利権






麻生外相と韓国・朝鮮、被差別部落(全文転載)

坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 昨日(10月31日)の内閣改造で、
麻生太郎氏(福岡8区)http://www.aso-taro.jp/index2.html
が、外務大臣に就任しました。ポスト小泉の一人として将来の首相候補になったとマスコミから大きく取り上げれられています。

 福岡県内からは、将来の首相候補として、そして冷え切った日韓・日中関係の改善に手腕を発揮すると期待の声が上がっています。
 
 福岡県内のテレビニュースの街頭インタビューでは、麻生外相就任を祝う声が数多く聞かれました。もちろん、広田弘毅(1978年~1948年)以来の福岡県出身の首相誕生を期待する声もです。
 
 (広田弘毅は外交官として活躍し、外相も務めました。そしてA級戦犯として東京裁判にかけられ、処刑されました)
 
 福岡県民の一人として、私は外相就任おめでとうございますと言うべきでしょうが、そのかわり、次のことを言います。
 
 麻生外相は、韓国・朝鮮人と被差別部落の人々の生き血をすすってのし上がった一族の出身です、と。
 
 麻生外相は、政界に入る前は麻生セメント(現在は麻生ラファージュセメント)の社長でした。この会社の前身は、かつて福岡県・筑豊地方に数多くあった炭鉱を経営していた麻生鉱業です。この麻生鉱業(創立当初は麻生商店)は、福岡県のみならず日本有数の石炭産業会社として「日本の近代化・産業化に貢献した」と評されています。炭鉱経営で得た利益をもとに鉄道・電力・病院、そしてセメント会社を設立し、財閥を形成しました。麻生外相は、その麻生グループの3代目後継者です。麻生グループは今も福岡県有数の企業グループとして大きな力を持っています。
 
 麻生一族は炭鉱経営で得た富と影響力で政界にも進出しました。
 
 麻生外相の父、麻生多賀吉(1891年~1980年)は吉田茂首相の3女・和子と結婚し、衆議院選挙に立候補し当選しました。自民党の実力者として活躍しました。麻生外相はその政治的地盤を引き継ぎました。
 
 麻生外相は吉田茂の孫です。高祖父は「明治維新の三傑」大久保利通、曾祖父は昭和天皇の重臣だった牧野伸顕、義父は鈴木善幸首相です。妹・信子は三笠宮寛仁親王妃です。まさに華麗なる一族です。
 
 さて、もともとは農村の豪農地主にすぎなかった麻生家が、日本有数の名家(今流行りの言葉で言えばセレブ)になったのは、炭鉱経営で得た富でした。その富は、韓国・朝鮮人労働者と、被差別部落の人々を搾取することで得たものでした。
 
 私の手元には、消滅した筑豊の炭鉱の全貌をモノクロ写真で記録した写真集
 『写真万葉録筑豊』(全10巻 上野英信・趙根在監修 葦書房 1986年
  http://www1.ocn.ne.jp/~ashi/)
  
があります。経営する側ではなく、そこで働く労働者と地域の人々の視点で炭鉱を捉えた記念碑的写真集です。その写真集の第9巻「アリラン峠」は、韓国・朝鮮人炭鉱労働者とその家族の姿が納められています。

 この本の53,54ページにハングルで書かれたビラの写真があります。私はハングルが読めないので内容が分かりません。しかし、ガリ版刷りで印刷されたビラの文字から、ただならぬ緊張感が感じられます。「労働者諸君!」・「内地労働者」・「東京労働総同盟」・「世界労働者」と書かれた漢字から、労働争議に関する呼びかけであることが推測されます。「麻生」の文字もあります。
 ビラの最後には漢字で一回り大きく書いてあります。
 
 「打倒暴力搾取之巨魁麻生財閥 民族的差別待遇絶対反対」
 
 これは、1932年8月14日から9月3日の約1ヶ月間に渡って、韓国・朝鮮人労働者が戦った麻生炭鉱争議のビラです。日本人労働者よりも2割安い賃金(この時期は輸入石炭との価格競争を理由に3割値下げ)、首切り、長時間労働、リンチ、侮辱、厳しい監視に対しての怒りが爆発したものでした。
 
 麻生鉱業は日韓併合以前から、いち早く韓国・朝鮮人労働者を雇用していました。その待遇は上記の通りでした。当時、日本の炭鉱の韓国・朝鮮人労働者に対する労働条件はどこも劣悪でしたけれども、麻生鉱業が経営する炭鉱は、ひときわ悪いものでした。「圧制ヤマ」としてその名をとどろかせていました。
 
 立ち上がった韓国・朝鮮人労働者に対して、麻生鉱業は警察とヤクザを使って潰しにかかりました。多くの血が流されました。その韓国・朝鮮人労働者とともに立ち上がって戦ったのが、被差別部落出身の日本人労働者でした。
 
 豪農地主として、多くの被差別部落の小作人を支配下においていた麻生家は、被差別部落の人々を、経営する炭鉱に送り込みました。また、九州各地や中国・四国地方から生活の場を求めて流入してきた被差別部落出身の人々を、積極的に雇用しました。差別を恐れて声を上げないことにつけ込み、低賃金と劣悪な労働条件のもとで酷使したのです。人々は「ゲザイニン」と軽蔑され、職種・住居(炭住)・風呂に至るまで差別されました。しかし、米不足から起こった1918年の「米騒動」を機に、被差別部落の人々は立ち上がるようになり、1922年の全国水平社を結成しました。翌1923年に、九州水平社が結成され、差別撤廃闘争を展開しました。被差別部落の人々の多くが炭鉱労働者とその家族であった筑豊においては、差別撤廃闘争は労働運動を意味しました。そして、麻生争議では、同じように差別に苦しんでいた朝鮮人労働者と連帯して、戦いました。被差別部落の人々はカンパを集め、米を朝鮮人労働者に送りました。(『日本民衆の歴史 地域編9 赤いボタ山の火 筑豊三池の人びと』66ページ 新藤東洋男編 三省堂 1985年)。韓国・朝鮮人と日本人の民衆が連帯した数少ない例です。
 
 この麻生鉱業争議は、スト参加者263人が解雇されたことで労働者側の敗北に終わりました。
 
 その後、韓国・朝鮮人の労働運動は厳しい取り締まりで壊滅に追い込まれ、日本への絶対的服従を強制される協和会運動に飲み込まれました。
 
 水平社運動も、同じように軍国主義体制の強化で、沈黙と政府と政府への協力を余儀なくされました。
 
 その後麻生鉱業は、賃金や労働条件の改善をあまりしないまま、韓国・朝鮮人と被差別部出身者を炭鉱に送り続けました。火災や落盤、出水、ガス爆発などの事故で、多くの人びとが犠牲になりました。それは日中戦争激化と太平洋戦争開始でさらにひどくなりました。物資不足と人員不足で安全対策がおろそかになったこと、安全を無視した採炭が原因でした。そして、いわば移住で渡ってきた人びととは別に、強制的に連れられてきた韓国・朝鮮人や中国人も、麻生が経営する炭鉱に送り込まれました。その人びとが、どのような運命をたどったのかは多くの書物に述べられています。また、本土へ疎開した沖縄県出身者も炭鉱に入りました。
  
 太平洋戦争敗北後、労働運動が自由になったことで、炭鉱労働者は激しい労働運動を行い、めざましい成果を上げました。韓国・朝鮮人労働者も祖国分断の苦難にあいながらも、活発な運動を展開しました。被差別部落解放運動も活発に行われました。
 
 しかし、1950年代半ばから始まった石炭から石油への「エネルギー革命」によって、石炭産業は崩壊しました。生活の基盤であった炭鉱は次々に閉山したました。廃墟が広がり、多くの人びとが筑豊から去りました。その多くが高度経済成長に沸く太平洋ベルト地帯に移りましたけれども、中には農業移民としてブラジルやアルゼンチンなどの南米に移住した人もいました。また、北朝鮮に「帰国」した韓国・朝鮮人労働者とその家族もかなりいました。
 筑豊に残った人びとは、その多くが失業に苦しみ、生活保護と失業対策事業、日雇いの仕事でかろうじて生活しました。
 
 一方、麻生家は2代目総帥麻生多賀吉が、吉田茂首相の娘婿になったことで政界に進出し、「華麗なる一族」への道を進みました。グループの主力事業を石炭からセメントに転換したことで、生き残ることができました。
 
 麻生太郎氏外相就任おめでとう、次は首相か、という声があふれています。
 
 しかし私は、政界で華麗な活躍をしている麻生氏の足下には、踏みつけにされた韓国・朝鮮人と被差別部落の人びとの屍があることを指摘します。そして彼は踏みつけにされた人びとの叫びが、全く聞こえていないことが、「創氏改名」や「一民族」発言で明らかです。
 
 ですから私は祝いません。
 
坂井貴司
福岡県柳川市
E-mail:suikyounomizu at cnc.megax.ne.jp





参考資料

North Korea Today
対北朝鮮政策転進の時
安部桂司 (「月刊日本」2008年10月号掲載)


(上記より抜粋)
 その麻生セメントの社長は麻生太郎氏からその実弟の泰氏へ引き継がれている。その麻生セメントは2004年から社名を麻生ラファージュセメント㈱に変更した。ラファージュの資本傘下の結果である。その一方で、日本の開発した「フッ素樹脂処理による埃の立たないセメント」の製造販売権を、ラファージュセメント社がライセンス契約を締結している。そのラファージュセメント社は世界最大のセメント製造グループであるラファージュグループの中核企業である。
 そのラファージュは、エジプトのオラスコムを経由して北朝鮮を代表する祥原セメントを傘下に収めている。祥原セメントはその稼働すら疑われている「企業」である。それでも傘下に収めたのは、北朝鮮の石灰石と骨材資源に着目したからであろう。その結果、ラファージュは北朝鮮を経由して支那東北地方からロシア極東地方の建設事業への参画を期した、と見られている。
拉致問題の解決に、ラファージュに代表される国際資本が無関心でいるとは思われない。彼らは帝国の北進政策が富を生み出しだことを知っている。だが、欧米資本だけでは北進政策は実行できない、故に日本資本との提携を図っているのである。

<平壌は今>外資誘致が増える (中央日報2009.01.25 날씨위치)
20080612161153-1.jpg

エジプトオラスコムグループの投資により現代化に向けて動き始めた北朝鮮平壌市祥原郡の祥原セメント工場全景。このグループは昨年、2月、祥原セメント、移動通信事業に投資することでパク・ボンジュ当時北朝鮮首相と合意した。(画譜朝鮮2007年2月号)

◇増えている外資=北朝鮮に進出した外国企業の中にはエジプトでホテルと建設、アルジェリアなど北アフリカと中東で通信業をしている巨大企業オラスコム(OCI)が最も活発に動いている。OCIは1989年以後、工事が中断し、放置されてきた103階の柳京(ユギョン)ホテル再工事のほかにも昨年7月、平壌の祥原(サンウォン)セメント工場に1億5000万ドルを投資した。その対価としてOCIは祥原工場の持分50%を取得した。代わりに祥原工場はこの資金で設備を現代化し、生産能力を拡充するのに使っている。今年の1月にはOCIの子会社であるオラスコムテレコムが北朝鮮の第3世代移動通信事業権を獲得した。広帯域符号分割多重接続(WCDMA)方式だ。これから3年間、4億ドルをインフラ構築に使うという条件に事業権有効期間は25年だという。今年下半期にサービスを始める計画だ。




麻生総務相秘書官宅に発砲  (読売新聞2004.3.1)
 一日午前六時五十五分ごろ、東京都豊島区高田一、麻生太郎総務相の秘書官、村松一郎さん(48)から、「自宅に拳銃を撃ち込まれた」と110番通報があった。警視庁目白署で調べたところ、自宅の玄関ドアに弾痕とみられる穴が四か所あった。家族三人が就寝中だったが、けが人はなかった。同署は銃刀法違反容疑などで捜査している。(中略)村松さんは、麻生衆院議員の元政策秘書で、同議員が総務相就任後は大臣秘書官として活動している。

麻生太郎総務相の秘書官宅が銃撃 (国民新聞平成16年5月25日号)
 同学園は38億円もの使途不明金を出すなど、余りの乱脈振りに文科省は私学助成金を75%もカット、役員を総退陣させ改革に着手した。村松氏は麻生事務所で文科省担当として同学園の実務を取り仕切っていた。

麻生首相地元の生徒数約1万名のマンモス学校法人「福原学園」(福岡県北九州市)の利権を巡る争いのなか、地元暴力団が麻生首相への“警告”として行ったのでは、との見方が有力


麻生総務相秘書官宅銃撃事件の首謀者は福原学園元幹部と見る警視庁(2004年04月25日発行)
 今年三月一日、麻生太郎総務相の松村一郎秘書官の自宅が銃撃された。警視庁はこ の事件の首謀者は、かつて福原学園を事実上牛耳っていた大中圭四郎氏のグループに よるものと見て、福岡県内に三十人の捜査員を派遣し、捜査に当たっていたという。
再び福原学園の乗っ取りを画策?
 そもそもの発端は、大中氏のグループが昨年九月頃から福原学園への復権に本格的 に動き出したことだと伝えられる。


福原学園(九州共立大)、元理事長に4億8000万円の賠償命令 時事通信(1/28)

 九州共立大などを経営する学校法人福原学園(北九州市八幡西区)の福原猛光元理事長らが学園の資金20億円を無断で海外投資し損害を与えたとして、現在の経営陣が福原元理事長らを相手に損害賠償を求めた訴訟で、福岡地裁の亀川清長裁判長は28日、ほぼ請求全額の約4億8000万円の支払いを命じた。
 判決によると、静岡県内の精密機械商社が海外の金融機関から融資を受けるための保証金の名目で、福原元理事長らは1997年12月、20億円を海外に送金した。送金にあたっては理事会や評議員会の承認を得ずに無断で預金を解約した。20億円のうち約15億6300万円は回収されたが、約4億3700万円については、ロンドンの銀行口座などを経由した際に口座を持つ人物に使われ、回収されなかった。

【福原学園前理事長らを提訴】
 北九州市の福原学園は4日、学園資金20億円が外部に流出した問題と、25億円の不正融資問題で、福原猛光・前理事長らに対し、総額約32億円の損害賠償を求める訴訟を起こした。訴状によると、学園は前理事長らが北九州八幡西区と福岡県水巻町にまたがる自動車教習所予定地の用地取得をめぐり、1994年9月、福岡市内の会社に25億円を十分な担保なしに貸し付けたとして、弁護士費用なども含め、約27億円5000万円を請求。さらに97年12月、前理事長らが20億円を東京都内の公認会計士の口座へ送ることを指示。その後、20億円は投資名目で海外に渡り、詐欺事件に巻き込まれ、約4億3000万円が学園に返還されなかったとしている
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://ecoecofun.blog121.fc2.com/tb.php/38-1cd1f4bc

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。